2008年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年04月17日(木)

悪夢・・・本当にこれでよかったの!?

           昨日は気になる終わり方にしてしまってごめんなさいm(_ _)m

        どうしても同じ記事内には入れたくなかったので仕方ありませんでした。

    でもご安心下さい^^ ナナには全然関係ないですし、ラッキーは私と同じ怖い思いは

                 しましたがケガなどもしていません。

 今回は私の思いとしてナナとラッキーには直接関係ない記事ですし、シビアな内容なので

         スルーしたい方は全然構いませんのでスルーしちゃって下さいね^^

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-

  4月15日(火)

  ラッキーとの楽しいお散歩も終盤になり、いつもの曲がり角、手前100mくらいの所で遠めに

     見ても大きいと思えるワンコがふらふら歩いていました。最初黒ラブと思ったほど。

          ところが物陰に隠れてしまい見えなくなってしまいました。

       あれ!?今のワンコだよね? えっ?飼い主さん、いた? えっ?迷子?

  大きそうだしこっちに来たらヤダなぁと思いながらも途中で逸れる道もなく戻ると遠回りに

             なるのでそのままズンズン歩いて行きました。

             そしたら案の定、来ちゃいましたよ、こっちに・・・

                 皆さんは甲斐犬ってご存知ですか?

        雑誌などでは見かけた事があるんですが実物を見るのは初めてでした。

中型犬のようですが、実際に見たワンコはとても大きくて秋田犬をちょっと小さくした感じでした。

     ゆっくり近づいてきたワンコはとっても大人しそう。よく見たら首輪も付いてます。

始めはどうしたの?迷子になっちゃったの?なんて応えもしないのに聞く余裕もあったのですが

      みるみるラッキーに対しても私に対しても異様なしつこさで迫って来ました。

      ラッキーも最初は我慢していたんですが、あまりのしつこさに怒り出しましたよ。

なのに離れないんです。ちょっと離れたと思うと今度は私の後ろに回ってお尻の匂いを嗅いで

              両手で私の足を抱え込もうとするんです。

    夢中で首輪を掴んで振りほどきましたが一見大人しそうに見えたワンコは凄い力で

                     恐怖すら感じました。

              ラッキーも頑張って私を守ってくれました。

                 いつもはこんなに甘えたなのに

     甘えた2


        本当にやりあったら絶対に敵わない相手なのに、歯をむき出して凄い形相。

                尋常ではないという事を悟ったんですね。

        これはラッキーを抱き抱えたら飛びついてガブリってやられるかも知れない。

                  どうしよう どうしよう 考えろ 考えろ

             あっ そう言えばあった     首輪つきリード。

     リード


        ナナを購入した柴犬専門のブリーダーさんが展覧会に出す時はこのリードを

             使っているんですよとナナにプレゼントしてくれたものです。

  これ小型犬から大型犬まで、どんな大きさのワンコでも頭さえ通してしまえばあとは金具で

                        調節できる優れもの。


        ナナとラッキーと一緒に暮らすようになって興味を示すようになった「犬本」

 もし私の前に迷子のワンコが現れたら保護して飼い主探し、或いは里親探しをしてあげよう

                    私も何か役に立ちたい。

             そう思っていつもお散歩バッグの中に入れておきました。

        今思うと何故お散歩バッグの中に入れてたのか不思議なんですが・・・


とりあえず、ラッキーのリードを足で踏みつけて左手で首輪を掴み右手で頭半分通した所で

               両手で思いっきり締め付けました。

   もっともっと暴れ出すワンコ、首に近いところのリードを持っても前に行ったり後に行ったり

     抱え込もうとしたり、くるくる回りながらやっと曲がり角を曲がって道路を横切れば

           もう我が家ってところまで来てるのにこれじゃぁ帰れない。

     もちろん、保護の準備なんて出来てないし、こんな暴れてたんじゃ連れて帰れない。

          どうしよう。どうしよう。もうやだよ~ どこか繋ぐところ どこだよ~


                  あったよあった 天の助けだよ

丁度良いところに鉄で出来たポールみたいのが打ち込まれてあってそこにリードを通しました。

  そこは我が家のリビングの大きな窓から見える場所で車の往来も大丈夫、安全な場所。

            私とラッキーは逃げるようにして家に駆け込みました。

さてどうしよう。。えっと保健所でいいんだっけ?飼い主さんから連絡が来てるかもしれないし・・・

                 保健所に電話をかけてみました。

      そしたら甲斐犬っぽい犬を探していると言う飼い主さんがいるとの事。ヤッター♪

         でも甲斐犬っぽい犬ってどういう事?このコは甲斐犬だよ(心の声)

 飼い主さんの方に名前と電話番号をお知らせしてもいいですか?と聞くので「ハイ」とこたえ

               5分もしない内に電話がかかってきました。

  19歳の老犬なんです。   えっ!? 目はランランで尻尾ブンブンでばか力だよ(心の声)

  甲斐犬のミックスなんです。  えっ!? どこからどう見ても甲斐犬、純血種だよ(心の声)

  前足がソックスを履いてるように白いんです。  えっ!? 4本足共黒っぽいけど(心の声)

      どうやら違うようですね。     残念ながら違うと思います。ごめんなさい。。

   一旦電話を切りましたが、すぐさままた保健所から連絡が来て、飼い主さんからの連絡で

        違う犬と言う事がわかったので動物保護センターの方に連絡しますので

                 そちらからの連絡を待つようにとの事。


              またまた5分も経たない内にセンターから連絡を頂き

              時間が出来次第、そちらに向かいますとの事。

  ここはお年寄りや小さな子供もたくさん住んでいる団地の何箇所かある入り口の1つなんで

              なるべく早くお願いします、と伝え電話を切りました。


       はぁ~ お茶を飲みながら皆さん方のブログにお邪魔して漸く落着きました。

               ところが、そう言えば朝まるこが言ってたんだ。

            今日は3時間の特別授業で給食食べたらすぐ帰れるよ。

             お昼ご飯を食べていたら外が何やらざわついてますよ。

             見てみると案の定、中学生たちが取り囲んでいます。

  私、出て行って、ごめんね~このコ迷子みたいなの!だからリード絶対に取らないでね

危ないからね~て言って戻るんですが、センターの方達が来るまでに何度繰り返した事か・・・


        やっとピンポーンと鳴りセンターの方がリードを返しに来てくれました。

         私も一緒に出て行ってあのコはどうなるんでしょうか?と聞いたら

           5日間です。   それを聞いて、たまらずショックで・・・・・

        いろいろ知識を得てわかっていた筈だったのに・・・何やってるんだ私!

         もしかしたら私と会わなかったら運良くお家に帰れたかもしれない。

          飼い主さんから連絡来なかったら成犬は間違いなく処分だよ。

  一瞬にして顔が青ざめたのがわかったのか、センターの方が若いコだし連絡きますよ。と

               仰って下さいましたが、罪悪感でいっぱいです。


               私はこのコに対して何もしてあげられなかった。

             ラッキーが一緒だったからリードがあって良かったとか

   一人じゃなくて良かったとか、早く何とかしないととか、怖いよ~とか、そんな事ばかりで

          あのコの先々の行末まで考えてあげる余裕はありませんでした。

        実際に遭遇したワンコがこんなに怖い存在だとは思ってもみませんでした。

                  自分の無力さを思い知りました。

        私の左肩から二の腕にかけて筋肉痛になるほどのばか力で暴れたワンコ。

              どうか、飼い主さんから連絡がきますように!!


     ジョイ君3



                   ラッキーは大丈夫ですよ^^

           大きいワンコがトラウマになっちゃうかな?って心配しましたが

      お友達の黒ラブのジョイ君にもちゃんとご挨拶出来ました^0^飼い主さんにも^^

       今日も知らないダルメシアンに会いましたが吠えられても大丈夫でした^^

               もしかして、ビビリー犬、卒業できたかも♪
スポンサーサイト
18:17  |  つぶやき  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。